awa酒協会 認定式お披露目会 チケット

販売価格

10,800円(税込)

SOLD OUT

※当サイトでの売店引取の対応はいたしかねます。

awa酒協会主催 awa酒お披露目会の開催のご案内

日本全国の9蔵元が結集し立ち上げた「awa酒協会」。
日本酒で乾杯ができないか、、、
多くの造り酒屋が思い願う夢です。
米と水を使用し、シャンパンで用いられる瓶内二次発酵技術を応用したこのawa酒は、シャンパンにも劣らぬ世界の乾杯酒と今後なっていくでしょう。
国内の和食店のみならず、世界に点在する和食レストランで用いられることが想定され、世界で名高いシャンパンと肩を並べるためにも、明確な品質基準を設定し、それをクリアしたもののみがawa酒として認証されます。

七賢も約5年の開発年月を経て、ようやく完成に至った「星ノ輝」。
地元、北杜市の原料米と南アルプス天然水で醸したこのスパークリング日本酒は、ほのかに香る米の甘みとパイナップルやメロンを連想させる吟醸香が程よく調和した、まさに乾杯にふさわしい一本であります。
地元山梨の有名ワイナリーや、県ワインセンターなどからの指導も踏まえ、七賢でしか造ることのできないスパークリング日本酒が完成しました。

4月13日にawa酒協会の全蔵元より、基準をクリアしたawa酒が一堂に集結します。
北は岩手、西は鳥取より集まるawa酒を味わいにぜひお越しください。
会場は日本庭園が眩い東京「八芳園」です。
いつもとは違う、少し綺麗な服装でご友人、恋人、ご家族でお越しいただけたらと思います。
当日はawa酒と相性の良いおつまみをご用意し、従来の酒の会とは異なる、オシャレな会を演出する予定です。
七賢からは専務取締役と、醸造責任者の常務取締役が皆様をおもてなしさせていただきます。

入場制限があり、七賢からご案内できるチケットは25枚となります。
ご来場お待ちしております。
http://www.awasake.or.jp


awa酒協会とは?
awa酒を世界へ
本法人は透明で一筋泡がたち一定のガス気圧を保持する自然発酵の日本酒を「awa酒」として定義、認証いたします
また、awa酒を製造するための技術の普及・品質管理を行ない、awa酒のブランド化をはかり、日本から世界に発信することを目的としています
設立の目的
本法人は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、awa酒協会では、世界のラグジュアリーな乾杯シーンで日本のawa酒がシャンパンやスパークリングワインと肩を並べる存在になることを目指し、国内の蔵元同士の連携を強めるとともに、awa酒の認定基準を定めることによる品質向上を図り、普及促進に努めていきます
awa酒認定基準
基準を満たしているかどうか、監査官を派遣し、商品や製造工程を確認します
味や品質(アルコール濃度や、ガス気圧)については専門機関による分析を実施します
商品開発基準
米(※1)、米こうじ及び水のみを使用し、日本酒であること
国産米を100%使用し、かつ農産物検査法により3等以上に格付けされた米を原料とするものであること
醸造中の自然発酵による炭酸ガスのみを保有していること(※2)
外観は視覚的に透明であり、抜栓後容器に注いだ時に一筋泡を生じること
アルコール分は、10度以上であること
ガス圧は20℃で3.5バール※2(0.35メガパスカル)以上であること
品質基準
常温で3ヶ月以上、香味、品質が安定していること。また火入れ殺菌を行うこと。炭酸ガスは、配管及び容器内のガス置換の目的で使用するものを除く
※1 純米であることや精米歩合については規定しない
※2 二次発酵についてはタンク内でも瓶内でも規定内とする
awa酒認定の運用
awa酒の商品基準を満たした商品のみに、awa酒認定を付与する
基準を満たしていることを保証するために定期的に検査を行う
瓶や箱などにawa酒の認定マークを表示を許可する(シールやパッケージに印字等)
awa酒認定マークを周知させると当時に、認定マーク入りのスパークリング日本酒が品質が高く職人の技がひかる味というブランディングを確立する


ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom